2017年7月5日水曜日

室野井洋子

舞踏家の室野井洋子さんが死んだらしい。 

死んだのは一昨日の夜10時。原因は『肺がん』。 


私はHAIGANと言うバンドに所属しているが、其れとは無関係である。 


室野井洋子さんの死を知ったのは先ほどで、チャーリーさんがFBでシェアしていた岡田、と言うオッサンの知らせである。 

そのお知らせを見た瞬間、 

「ざまぁ」 

と思ってしまった。 

「やっと、死んだか」 

みたいな。嫌な奴だなぁ~と思った。 


不謹慎かも知れない。

だが、室野井洋子は実際に凄く嫌な人だったし、陰険で陰湿でホンッっと酷い人だった。 


舞踏家としては、志賀信夫が「良いダンサーを失った」と書いていたが、正確には 

『良かったダンサーを失った』 

である。舞踏家:室野井洋子が其れこそ東京NO1だった時代は彼女が札幌に移住するまでだろう。 
芸が身を助ける、と言うか、陰険で陰湿で粘着質なクソ女だったが、そう言うのを遥かに上回るモノをステージで披露していた。 

『女性舞踏家40歳定年説』 

と言うか、女性舞踏家って40代中頃になると「可愛い私」が『中年の私』になってしまい、芸の引き出しが少ない舞踏家(舞踏家なんて皆、引き出しが一個位しかないが)が大半だから、可成り厳しくなる。 

だが、室野井洋子さんは、そうではなかった。 

恐ろしくストイックだったし、日本刀とかドス(短刀)のような青白く燃え上がる炎のような、海の中で燃え続ける火、氷山で生存とか、そう言う鋭さがあった。 

あんなに舞踏家は居ない。之からも出てこないと思う。 

実践で使われた日本刀の先端のような、禍々しく、恐ろしく、魅力的な舞踏家だった。 



暗黒舞踏界隈って『ダンスワーク』が良い例だが、未だに『土方巽が~』とかヌカしている。 


だが、皆、「土方巽ガー」と声高に言うが 

①土方巽の女癖が極端に悪かった 

②物凄く性格が悪かった 

③顔を整形手術している 

④暗黒舞踏のオリジナルネーターなのに、一度、それを辞めようとしていた(女絡み) 

⑤時代が違いすぎる(当時の舞踏公演は3時間半) 


を抜きにして語るから、『無駄伝説』と言うか。言えば言う程、舞踏ってのが腐る。 


俺は音楽だけども、表現、パフォーマンスの最先端は常に『舞台』にあると思っている。音楽から最先端が生まれるのではなくステージ・パフォーマンスから生まれるモノだと思っている。 

だから、『舞台パフォーマンス』を腐らせていく人達は死ねば良いと思っている。 


室野井洋子さんは土方巽ガーみたいなモノとは全く無縁だったし(室野井洋子さんは天使館系列の青龍会と言うグループ出身である。その前はバンドに一瞬だけ鍵盤で加入しているが、スタジオで演奏し始めた途端、「つまんない」と言って脱退している)、日々、腐っていく舞踏とは全く無縁だった。 

『だった』と過去形なんだけども。 


札幌に移住してから数年してから東京と札幌を往復してソロ公演をやっていた。今は無き『アートランド』である。 

あと、美学校でWSをやっていた。 

------------------- 

その頃である。 

私は演劇から足を洗い、紆余曲折あり「トランペットでソロ」と言う形態を探っていた。フリージャズには「アルト・サックスでソロ」と言う盤も音源も豊富なのだが(フリージャズと言う音楽形態はアルト・サックスでソロの為にあるんじゃないか?ってくらい多い)トランペットで、ってのが無かった。 

だから、彼是と模索していた。近藤敏則がいるが彼はやはり『バンド』だったし、彼のソロ演奏は『電気トランペット』と言うより、もはやシンセサイザーであり、トランペットである必然性が感じられなかった。 
其れに、近藤敏則の演奏はソロでもバンドでもフリー・ジャズの人であり、参考にならない。 

黒人音楽をルーツとした音楽ではなく、真っ白な音楽がやりたかった。 

その頃に縫部憲治さんから「室野井とやるから、君を音楽として招きたい」と言われた。 

----------------- 
室野井洋子さんと知り合ったのは20歳の頃で、福岡県に来ていた。青龍会は元々は東京のグループだったが 

①金 

②女 

③人間関係 

と言う『グループが解散する理由』の全てをコンプリートして九州に移転した。私はスタッフをやったり、WSをやって人が足りない時に行ったり(だから、私も実は舞踏を少しやっていたのである)。


その青龍会が「がんばるぞー!」って時に、青龍会の原田氏は、室野井洋子さんの師匠だから、手伝いに来た。 

人間関係を言えば室野井洋子さんは原田氏の元カノである(不倫だが)。で、当時も原田氏は別の女性と不倫関係であり、 

『元カノVS今カノVS妻』 

と言う凄まじい光景となった。室野井洋子さんは照明OPをやった。室野井洋子さんは『ギャラがない』『人間関係』と言う事で可成り御立腹だったが、何故か私は気に入られた。 

で、電話番号を教えて貰った。 

唐組に入るために上京しようと言う事で、人間関係を作らなくてはならなかった。90年代はネットもSNSもないからアナログに人間関係を作るしか無かった。 

其れで入団試験の際に室野井洋子さん宅に泊めてもらった。 

入団試験には合格して(ってか誰でも受かる試験なんだけど)、上京した。その際に室野井洋子さんと部屋探しを手伝ってくれた(室野井洋子さんは途中で飽きたらしく、これ以上ない、って位の酷い部屋を進めてきたが)。 

その後、インドカレーを食べた。 

で、上京祝いをしてくれた。 

当時、私は20歳で、室野井洋子さんは『年上の素敵なお姉さん』と言う感じだった。既に東京NO1だったし、パフォーマーとしては雲の上。 
--------------------------------------- 

男女関係の事は私はよく知らない。概要だけは聞いたが当事者でもないし、私には無関係なので知らない。 

上記の縫部憲治さんからのオファーは清水寺の舞台から飛び降りるような話だった。 

だって、私はライブと言っても15人も入れば超満員のハコでしかやっていなかったし、無名以前の存在だったから。 

雲の上の存在である室野井洋子さんと縫部憲治さんと、ってのは心臓が止まるほどだった。 
--------------------------------------- 

舞踏の音楽をやった事がないので、国立の稽古場で稽古を重ねる。当時、アンプを持参していたのだが、デカいアンプに車をつけて必死で押しながら稽古場に行っていたのを思い出す。 

で、美学校で室野井洋子さんがWSをやっているから、音をやってみろ、と言われて演奏。 

打ち上げで、参加者のピアニストの女性からdisられて、私も言い返して、ゴチャまぜ。 

で、本番。 

本番は凄く受けた。自分がやっている、またはやろうとしている事に間違いはないんだな、と手応えを感じた。 

ただ、音が受けてステージ・パフォーマンスはイマイチだった事もあって、室野井洋子さんは御立腹だったが(彼女は大抵の事は責任転嫁をする人である)。 


だから、私の活動は『あの時の』事が一直線状にある、と言っても過言ではないのだが、室野井洋子さんからオファーを受けたわけではないし、恩に着る事もないとは思う。 

『切欠』なんて、あの時以外にも沢山あったのだし。 

ただ、天才:室野井洋子さんとステージを共に出来たことは自分の中で大きかった。 

------------------------------------- 

芸事の世界は『義と借りと恩』だと思う。ヤクザな世界だから、一泊一膳の礼儀で人を殺す、と言うか。 

だが、室野井洋子さんとの関係性は2015年に終わる。 

以前、書いたのだが『縫部憲治追悼公演「ランゲルハンス島異聞」』での事である。 

遠藤 寿彦と言う奴から脅迫メールを受け取っていた。遠藤 寿彦は当日の音響OPをやる予定だったらしい。 
だが、音響OPと言ってもフェーダーを固定するだけで、別途、用意するようなモノではなかったが、室野井洋子さんは無料で使える馬鹿を探していた。 
だが、その馬鹿が私が参加することでバックレた。 

「つまり、KO.DO.NAが悪い」 

と言う事でフライヤーに私の名前の記載をしなかった。フライヤーは室野井洋子さんがデザインだが、記載をしなかった。 

こう言う処が陰湿で、陰険で、粘着質と言うか。 

「何故、フライヤーに俺の名前がないのか」 

と言う事が判明するのは本番が終わってからだった。そして、その際の舞台は『此れ以上はない』と言う程、酷かった。 


芸事は義理と人情と渡瀬の世界だが、名前は商売道具である。元々、恨みがしい人柄でもあったし、其れへの返答と言うか『仕返し』が『フライヤーへ記載しない』と言う処がウンザリだった。 









人が死んだら、例えどんな人で「良い人だったのに」となる。 













だが、其れって凄く卑怯な気がする。生前、酷い奴だった人は、死んでも酷い奴だったし、皆が「素晴らしいダンサーだったのに」と言うのだが、私が最後に見た2015年のステージは最低最悪、地獄以下だった。 


東京NO1だった室野井洋子さんだが、彼女は其れを捨てて札幌に行った。だから、札幌に移住した時点で、天才:室野井洋子は終わっていたんだと思う。 


FBのタイムラインでも、ツイッターでも、「うぅ、かわいそう・・・」と言う。肺癌だし、年齢的にも60歳手前位だから早すぎる死だったのかもしれないし。 

だが、私にとっては 

「酷い奴でしたよ」 

と言う言葉しか出てこない。ホンッっと酷い人だったし、嫌な人だったし、陰険で、陰湿で、粘着質で、常に責任転嫁。自分の出来が悪い時は、自分ではなく自分以外の奴が悪い、と言う思考回路の持ち主。 

殺しても、死なないような人だったので呆気無く死んでいるのに驚いたが。 

「素晴らしい舞踏家が・・・」 

とか 

「素晴らしい人が・・・」 

とか色々と言うのは、そりゃ言葉は綺麗だと思う。だけど『最低で最悪で、酷い人でしたよ』と言う人が居ても良いだろう。 




室野井洋子さんは東京・・・否、世界最強のダンサーだったのに、それを捨てた。でも、ダンサーとして生きた。

アホの土方巽が『病める舞姫』と言う舞台をやった過去があるが、土方巽は別に病んでもなかったし、マッチョイズムの世界の人だったが(そのマッチョイズムが後期高度高齢者を惹きつけるんだと思う)、室野井洋子さんは『病める舞姫』だった。

家柄は知らないが、『舞う姫』であった事に異論を唱える人は居ないだろう。



天才であるダンサーが、天才が天才であることを証明する前に死んだ。



それは大きな事だし『クソ以下で、嫌な奴が芸の素晴らしさでねじ伏せていく』と言う事をやっていた人だった(過去形)。


俺にとって、室野井洋子さんは最低で最悪で、酷い人だった。 此方が『仕返し』をする前に死んでしまった。

でも、死んじゃった。 

「前に進まなくては」 

と何故か思った。 何故かわからないんだけど、「もっと、前に進まなくては」と思った。


そう思ってしまう、と言う事は室野井洋子さんの死に対して私は「嫌な奴でしたよ」と言いながらも何かを感じているんだと思う。


色々な事。

様々な事。

多種多様な事


『死は、その人の最後の教え』

と言う。

そうなのかも知れない。室野井洋子さんは最低最悪の、陰険で陰湿な人だったけども、私に何かを思わせる。


父殺しならぬ、姉殺しをしなきゃならないのかもな、って思う。



2017年6月8日木曜日

BOØWY

寝ながら、ふと「日本のRockって特種な音楽だよなぁ」と思った。




何が特種か、って言えばRockは世界的なPOPSでもないのに「世界音楽」的なニュアンスである。

だが、歴史的に見ても、規模的に見てもROCKって

『アメリカやイギリス中産階級の民族音楽』 

なんだよな。そもそも、Rockのマーケットもイギリスとアメリカ、あとは日本くらいしかない。アフリカにもロックのバンドはいるけど、日本のロックほど特種な気がしない。

あ、旧ソ連の末期の頃は『ヘヴィー・メタル』をライブで聴くのが当時のソビエト連邦の上流階級のHIPだったらしい。

だが、往年のロックンロールを知っている側からすると、ロックンロールのお株は随分、昔からヒップホップに奪われている。
最近の高円寺駅前で高校生くらいの子がフリースタイルに勤しんでいる。
高円寺とヒップホップって相性が悪い、と思っていたので驚いた。


だが、考えてみると年収240万円以下の日本で『ロックンロール』って経済的に無理がありすぎるんだよな。


ギターもアンプもドラムも日本の住宅事情を考えると現実的とは言えない楽器ばかりである。

冷静に考えて、どうして『フォークソング』が壊滅して(70年代までフォークが主流だった)ロックンロールが80年代から00年代まで生き残れたんだ?と言う疑問がわく。



今は編集されているがウィキペディアに『日本のロック』と言う項目があり、

「日本のロックの元祖は『BOØWY』である」 

と記載されていた。多分、BOØWYのファンが書いたんだと思うのだが確かに

『純民間音楽』

としてのロックンロールと言う事で言えばBOØWYなのかなぁと。少なくともロックのファン、と言うのがイメージするバンドと言えばBOØWYとなる。

①はっぴいえんど→メンバー全員、裕福な御子息。細野晴臣は立教大学卒 

②村八分→チャー坊は1ドル=350円の時代にサンフランシスコに留学。山口冨士夫は貧乏人だがGSでプロ経験が長い 

③キャロル→ロックと言うよりポップス。 

④外道→活動期間が短すぎる。 

⑤YMO→メンバー全員、裕福な御子息。 

⑥裸のラリーズ→問題外 

なんと言うか『日本のロック』って、基本的に『裕福な御子息』である。実際に楽器も安くはないし、GSバンドはディスコ(今で言うクラブ)での演奏が基本だが、GSや、70年代後半までエレキ・ギターの値段って、今の金額に直すと20~30万円。
それとアンプ。これも数十万円か。

GSとか村八分だとか外道だとか言っても、当時の十代の大半は『金の卵』と言う事で中学を卒業したら働いていた時代である。

ロックでロール!ってワケには行かないので、ターゲットは裕福層だけになる。


其処へBOØWY。


このバンドの重要な処は『日本のロックの元祖』か、どうかはトモカク(あれが元祖だったら死にたくなるよな)、あのバンドが



のバンド、と言う事である。群馬県出身の友人曰く

「群馬県の星」 

と呼んでいる(よだかの星みたいだ)。群馬県と言えば誰もが知っているように途方もない場所である。


















































そもそも、電気があるのか?と言う気がする。電気以前に20歳までに生存出来る可能性が、どの程度あるのか不明な所が恐ろしい。


続けて友人は言う。

「だから、日本のロックの元祖はBOØWYでしょ?だから、日本でロックンロールをやろう!って人は『上毛かるた』は必須だね」 



「え?そうなの?」 

「だって、群馬県民は『上毛かるた』を暗唱出来るだもん。『上毛かるた』を暗唱出来ないと生き残れない」 

「え?そうなの?」 

「だって、群馬県に移住した時に最初にやらされた事が『上毛かるたの暗記』だったもんねぇ」 

「じゃあ、BOØWYの歌詞も実は『上毛かるた』をベースに作られているって事になるの?」 

「そりゃ、そーだよ!。だから、スタジオとかで良い歌詞が浮かばない時は『上毛かるた』を並べて考えていたんだと思うよ」 

「で、スタジオでお腹が空いたら『大名ネギ』を食う、と」 

「それか『焼きまんじゅう』だね」 


因みに『焼きまんじゅう』は群馬県民以外が食べると即死するらしい。


「群馬県から生まれた音楽が『日本のロック』ねぇ。栃木じゃないんだ」 

「栃木の連中はムカつく!」 


群馬県と栃木県は仲が悪いらしい。栃木県が群馬県民に喧嘩を売る際は『レモン牛乳』を投げつけるんだとか。で、群馬県民はネギを片手に戦うらしい。


ロックンロールと言えばロンドンとか、サンフランシスコと都市文化を考えてしまうが、日本の場合は

『群馬文化』

なのである。


「つまり、だ」 

友人は畳み掛ける。

「ジャズがニューオリンズで生まれて、ニューヨークで発展したように」 

「日本のロックンロールは群馬県で生まれて、他県や都市で発展したのですよ」 

「だから、群馬県はロック・ミュージシャンにとっての『ニューオリンズ』なんだよ」 


イマイチ、納得が出来ないのだが其れは多分、私がロックンロールをやってないからだと思う。

「じゃあ、日本でロックンロールをやろう、って人はジャズと同じく『群馬詣で』をしなきゃならないんだ」 

「そうそう。だから、東京で受けているバンドでも群馬県で認められないと一流とは言えないね」 



BOØWY=群馬県の星


と言う説に「うーむ・・・」と思い、初期のBOØWYの写真を探してみると確かに、上記の群馬県っぽいバンドだったらしい。
最近になって熱心なファンがUPしていた。


(BOØWYの前身『BLUE FILM』/1975年くらい)


結成された頃は氷室は参加してない。結成して1年で辞めてしまった人もいるが、その人はプロデューサーになったらしい。
この頃の氷室は歌謡ロックのバンドで歌っていたんだとか。で、その頃にRCサクセションを聞いて「ロックのバンドば、やっでみっぺっさ」と思ったんだとか。



(BOØWY参加前の氷室) 


この姿の何処が『歌謡ロック』なのか全く想像が出来ないが、モノの本には記載されているから本当なんだと思う。



(氷室が参加しBOØWYとなった頃) 

写真が荒いが、如何せん保存状態が悪いのとメンバーやレコード会社が公に認めてない事もあるので友人や熱心なファンの一部しか知られてない写真である。





パーカッション中心の音楽から、弦楽器音楽に移行した頃らしい。



だが、この頃は群馬県出身だった友人曰く

「大都会」 
「メトロポリス」 
「東京を遥かに凌ぐハイパーシティ」 
「イオンもある」 

群馬県高崎市での活動だった。

実際にwikiを見ると
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
その当時「ガール(英語版)」というイギリスのハードロックバンド(メンバーは全員男性)がいたことに対抗し、こちらは男ばかりだからそのまま「ボーイ」だろうということで、当て字で『暴威』と命名された。それを聞いた社長の長戸大幸からは、当時人気だった『横浜銀蠅』にあやかって『群馬暴威』という名を提案されたものの、メンバーから猛反対され即ボツになった。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
とある。群馬暴威だったら良かったんだがなぁ。少しは好きになれたかもしれない。


で、その後、ハイドロキノン、水銀、モノベンゾンなどを多用して多くの人が知るBOØWYとなる。



このハイドロキノン、水銀、モノベンゾンの組み合わせは『黒人が白人になれる方法(肌漂白)と言う事で、かのマイケル・ジャクソンやビヨンセ、日本だと松田聖子がやっている(肌漂白の元祖)。


しかし、BOØWYファンって凄く熱心である。
高校時代に『小泊栄五郎』と言う同級生がいたのだが、彼は私に3時間も

「BOØWYの魅力について」 

を一方的に語ってくれた。




北九州市には『ロンドン』と言う、ほとんどBOØWYのコピーバンド(歌詞が違うだけ)が人気だったりしていた(多分、そのバンドは解散していると思う)。
その小泊栄五郎もギターを弾き始めてBOØWYのコピーバンドをやっていた。

BOØWYファンは何故、ギターを買ってきて『BOØWYのコピバン』をやってしまうんだろうか。 

私はグレン・グールドが好きだが、じゃあピアノを買ってきて・・・とはならないし、ジャズ・ファンが楽器を演奏した、と言う話は聴いたことがない(ジャズで使われる楽器の大半が習得が難しい事もあるが)。

『灰野ケイジ』
『裸のラリーズ』

はコピーする人はいる。実を言うと私も一度だけ友人とスタジオに入って裸のラリーズの『夜、暗殺者の夜』を演奏したことがある(私はTPなのでメロディー部分だが)。

だが、それでステージに・・・とは思わないのだが。

少なくとも90年代後半から00年代初頭まではBOØWYのコピバンは全国津々浦々にいた。
田舎のライブハウスには必ずBOØWYの曲を演奏するバンドがいた。

私の田舎(北九州)で

『学校以外で音楽をやる』
『演奏行為』
『ギターを弾く』
『ベースを弾く』
『ドラムを叩く』
『歌う』

と言う行為はイコールで『BOØWYのコピバンをやる』と言う事だった。西日本なので本来ならブルースが強い街のはずなんだが(大昔はジャズの街だった)何故か『BOØWY』だった。

BOØWYのコピバンと、ブルースの街ってのが「親世代への反抗」と言うワケでもなく、何故かそうなっていた。

だから、テクノとかモダン・ジャズだとかクラブ・ジャズだとかクラブ音楽だとか渋谷系を聴く私は中性ヨーロッパでの『異端カタリ派』のような扱いだった。

だから『お洒落をする』と言う事もイコールで『髪を立たせる』と言う事だった。


あ、思い出した。

高校時代に学友とバンドを組んだのだが(当時の私はキーボード)、95年か96年だと言うのに
BOØWYのコピバンだった。

あと、『黒夢』

キーワードは『童貞』。


嫌だったなぁ・・・。スタジオで馬鹿げたフレーズを弾かされながら「早く時間が進まないだろうか」と相対性理論のような事を考えていたのだが、そう言う時に限って時間は進まないものである。

そのBOØWYの80年代のライブがYOUTUBEにUPされていたので見てみた。































っダサっさいなぁ・・・。耳が『東海村JCO臨海事件』の人みたいに腐り落ちそうだ。

調べてみるとドラムの人はフリクションのファンらしい。フリクション好きが、何でこんなドイツとスイスの国境沿いの村の童謡みたいなマヌケな音楽に走るんだろうか。




私に「BOØWYの魅力について」を延々と3時間も話した小泊栄五郎は、卒業後に

「俺、ギターで東京に出る」

と言っていたのだが、その後、どうしているんだろうか。『BOØWY』の再結成を心待ちにしているんだろうか。

しかし、BOØWYファンの『BOØWYのコピバン率の高さ』は一体、何なんだ。


wikiによるとライブ音源の大半がブートとして出回っているらしい。

ブート盤の多さが『コピバン率の高さ』に繋がるのだとすれば『クラフトワーク』『ブライアン・ウィルソン:スマイル』『グレイトフル・デッド』『裸のラリーズ』『セシル・テイラー』だって多い。

だが、『グレイトフル・デッドのコピバン』『クラフトワークのコピバン』『セシル・テイラーのコピバン』なんて聞いたことがない。



小泊栄五郎はどうしているんだろう。東京でBOØWYのコピバンをやったのか、または地元(福岡県北九州市門司区)でBOØWYのコピバンをやっているのか。


BOØWYと言うと小泊栄五郎を思い出す。





2017年5月27日土曜日

夢一夜

この星に来て10年が経った。




5年前に地球が駄目になって、私の家族は可也、早い時期に地球を脱出した方だった。
だから、まだ周辺に住民は多くはなく、掘っ立て小屋と言うか縄文時代の家のようなモノに住んでいる。

地球が駄目になったのは当時、言われていた事(CO2とか海の水が、とか)ではなくて、予想で言えば小さな部類のモノだった。
だから、驚いたし、逃げた時は何も持たずに逃げた。

到着した星には酸素もあり、雨も降る。

10年間の宇宙生活で、若返るのか私は10歳くらいの見た目になってしまった。中身はオッサンだが、見た目は子供。

だが、昼間とか夜、と言う区別があまり無くて、一日中、薄暗い。そのくらいだ。


母が囲炉裏や釜戸の火をいつも消してしまうので、火を付けるのは私の役割だった。

「もう、マッチも多くはないんだから・・・」

「そうやけどねぇ。忘れてしまうんよ」

と言うのだが、長年のクセなのか消してしまう。


いつもマッチで付けていたのでは時間の無駄なのでコンビニでバーベキュー用のライターを買いに行こうと思った。


多くはない住民だが、何故か『ファミリーマート』が上陸している。


この砂漠に毛が生えたような土地でファミリーマート。重力も地球より軽い街に。

「地球外初のコンビニがファミリーマートかよ・・・。あいつら、土地が余ってりゃ何処にでも出店するんだな」

と思う。


日々、地球から脱出してきた人が星に降りてくる。


友人が降りてきた、と言う連絡が来た。

連絡は携帯電話に、だった。


この星から電話を掛けると地球を経由しての発着信となるので通話料が高くなるのだが、私は『カケホーダイ・プラン』に加入しているので連絡が取れた。

5年前に脱出した私達ですら、着の身着のままだったので日々、星に降りてくる人達は宇宙服しか無い。

だが、友人曰く

「ガラケーを使っている人は、メールアドレスとか電話番号がガラケーに入っているから本人確認が出来る」

と言う。

・・・この携帯電話が俺の存在証明なのか・・・と思う。確かにスマートフォンだとメールアドレスを変更しちゃう人が多いもんなぁと思う。

友人は脱出したばかりらしい。


この星に到着するのに地球からロケットに乗っても5年かかるから、再会は5年後だ。


電話を切った後に、故郷である地球が爆発した事を知った。携帯電話のワンセグ機能で爆発する瞬間を観た。

それを観て、何も思わなかった。

ファミリーマートに行くために家を出た。

2017年5月16日火曜日

VOX Dynamic Looper VDL-1

VOX Dynamic Looper VDL-1 と言うエフェクターを愛用している。






このクソ以下のループマシンを愛用している人は決して多くはない。ループした音質は酷いモンだし、操作性が優れているワケでもない。
大きさも大きいし、重さも2kgである。





このエフェクターが壊れてしまった。

前回は1年前だったか2年前にノイズが入るので島村楽器で直してもらった。チャチな作りで、中のケーブルが断線していた。

で、デンマークでライブ中に「故障している」と言う事に気がついた。

渡航前にスタジオでゲネをやったのだが、其の際に既に壊れていたワケだが気が付かなかった。


故障しているのは

①ファクトリーリセット機能が死んでいる

②2trのループを作れるが、1trが死んでいる

死んでいる、と言うよりも機能しない、と言うか。ファクトリーリセット機能は頻繁に使う。
何しろ、デタラメなマシンなので常にファクトリーリセットしないと以前のループが残っていたりする(メモリー機能でループを保存できるのだが、そんな機能は不要だし)。

だから、ファクトリーリセットは必要なのだが駄目。

2trのループを使うことは余り・・・ってか殆ど使わないのだが1曲だけ使うので2trは欲しい。

だが、駄目。


仕方がないのでKORGに電話する。VOXの代理店はKORGなのである。


私「・・・と言う症状なんですよね・・・。修理費用はどのくらいなんでしょうか」 

KORG「〜っと〜なるとですねぇー。いやー、複数の症状があるとー・・・・うーん。初期費用で八千円なんですね。」 

私「はい」 

KORG「で、技術料とかあるので・・・だったらぁ・・・」 

私「はい」 

KORG「中古とかでですね。まぁ、安く買った方が良いかと・・・

私「ちゅ・・・中古で買え、と・・・?」 

KORG「ええ・・・。まぁ、修理代金の方が高いので・・・」 


つまり

『買い直せ』 

と言うのがKORGの公式である。
















脳裏にこの画像が浮かぶ。






大体、購入した際に保証期間が1年あったんだが、1年なんて100円均一の商品でも持つんだよ。

購入したのは震災後だから2012年頃である。
5年で壊れるエフェクターはエフェクターって言わねーんだよ!!!


俺がメインで使っているZOOM1201なんて90年代に発売されて、故障は一度もねぇぞ!!!


ふざけるなよ、KORG・・・。





あ、思い出した。


私はYAMAHAのサイレント・ブラスを使うのだが壊れたことがあった。其の際にYAMAHAに電話したときは

「何処が故障しているのか確認しないと判らない」

とあくまでも「修理しますよ」的なスタンスだった。だが、KORGは


「新しく買え」


である。アナログ・シンセとかリリースしていて、面白いメーカーだが故障したら「新しくor中古で買え」はねぇだろ、と。


仕方がないのから中古で探すが時期が

①買ったけど使えなくて売る

②売った人が買う

と言う時期を過ぎていて

①欲しい人が少数ながらいるので売る

と言う感じ。だから、無駄なプレミア感。ってかプレミアが付くようなエフェクターじゃないから!


yahoo!ショッピングでは『7万6千300円』と言う凄まじい金額をつけている店もある。定価が18000円のエフェクターが7万円!!!

http://store.shopping.yahoo.co.jp/worldmusic/77901444.html?sc_e=slga_pla 
http://store.shopping.yahoo.co.jp/worldmusic/113896589.html?sc_e=slga_pla 

気が狂っているとしか思えない。ループマシンの大御所であるBOSSのループステーションですら5万円(5trが使える。音も良い)。


どうなってんだよ・・・

2017年5月4日木曜日

Cherry music/Last Live
















(18歳の少女だが、私の二倍の身長である)

















(何故か輪投げ)

(折り紙教室)








(コペンハーゲンのコスプレ。なんか違う気がする)

(何のコスプレなんだろう)


(『ナルト』のコスプレ。この子は気合が入っていた)